株式会社Nayuta、Wanxiang Global Blockchain Challengeにて3位入賞 Nayuta Inc. won third place in Wanxiang Global Blockchain Challenge

*English follows Japanese

2017年9月14日〜16日に上海にて開催中の3rd Global Blockchain Summitにおいて「Wanxiang Global Blockchain Challenge」*1 の入賞者が発表され、株式会社Nayuta(代表取締役:栗元憲一 本社:福岡市中央区)がSmart terminal reference solution部門で3位を受賞しました。

本コンテストは、Wanxiang グループが中国杭州市に計画しているスマートシティでの採用を目指すコンテストで、当スマートシティは5年で2,000億元(約3.2兆円)の投資が計画されています。審査員は、Vitalik Buterin, Jed Mccaleb, Bo shen, Shuo Baiと、ブロックチェーン業界のグローバルリーダーで構成されています。

当社は、SummitのDemo Dayでのプレゼンテーションにおいて、「SmartPlugとそのアプリケーションを支える2nd Layer技術とIoT技術」の提案とこれまでの成果のデモを行い、3位を受賞しました。

今回の受賞を機に、当スマートシティプロジェクトに積極的に関与し、さらなるグローバル市場への展開を推し進めて参ります。

*1 http://www.wxblockchain.com/global/index_en.html

Fukuoka, Japan, September 15th 2017 – Nayuta Inc. (Representative Director: Kenichi Kurimoto, Head Office: Chuo-ku Fukuoka City) won third prize in Smart Terminal Reference Solution Category of “Wanxiang Global Blockchain Challenge” at 3rd Blockchain Summit in Shanghai from September 14th through 16th 2017.

The contest is aimed to adopt participant’s projects in a smart city planned by Wanxiang Group in Hangzhou, China. An amount of Investment in this city will be 200 billion yuan (about 3.2 trillion yen) for five years. Judges are global leaders in blockchain business Vitalik Buterin, Jed Mccaleb, Bo Shen, and Shuo Bai.

We proposed and demonstrated “‘2nd Layer technology and IoT technology supporting applications, and our prototype SmartPlug” on Demo Day at the summit. The result of the proposal was the third prize in the contest.

With this award, we will actively participate in this smart city project and will continue to develop further into the global market.

 

[988][267]
[966][266]

第三者割当増資のお知らせ

IoTとブロックチェーンを組み合わせた新技術開発を行う株式会社Nayuta(本社:福岡県福岡市、代 表取締役:栗元憲一)は、JAFCO(SV5シリーズ)および個人投資家を引受先とする第三者割当増資 を実施し、総額1.4億円の資金調達を完了したことをお知らせ致します。

当社は、2015年3月の会社設立以来、実社会に役立つブロックチェーン技術の研究開発を行ってき ました。これまでに様々なPoCモデルの開発・実証実験を実施し、業界最先端の技術・知見を蓄積し てきています。また、これらに並行し、ブロックチェーンの可能性を引き出すために重要となり得る 「2nd Layer技術(※)」の開発にも着手しております。

今回の資金調達により、「2nd Layer技術」の更なる開発の加速と、その技術を用いたアプリケーショ ンの開発を進めていきます。将来的には、特権者がいないブロックチェーンの特徴を活かし、より公 平な「市民が支えるシェアリングエコノミー」を可能にするインフラや、多数の会社のシステムが連動 するスマートシティのインフラを実現していきます。

※ 従来のブロックチェーンの上位層にペイメント専用の2つ目のLayerを開発し、「時間当たりの取引処理能力増 大」「リアルタイムな取引処理」「マイクロペイメントを可能にするレベルの低手数料」を可能にする技術

 

 

Nayutaリリース_20170818